タンブラーを捨てたい!分別方法と4つの捨て方を徹底解説

タンブラーは何ゴミ?分別方法や4種類の捨て方をまとめて解説

「タンブラーは何ゴミで捨てられる?」「楽に処分するにはどうしたら良い?」と、タンブラーの処分方法で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

タンブラーはプラスチックや金属などさまざまな素材でできているうえ、各自治体によって捨て方が異なります。いらなくなって捨てる時には、それぞれ適した処分をしなければなりません。

今回は、タンブラーのゴミの分類方法や4つの捨て方について紹介します。タンブラーの処分方法で迷っている方や、楽に処分したいと考えている方は、ぜひ最後まで記事をご覧ください。

ディクリーズマン

タンブラーの処分方法を学ぼうゼっ!

この記事を監修した人

不用品回収業者「スッキリ回収」の代表。世の中から不法投棄を撲滅するため奮闘中。

保有資格

  • 古物商許可証
  • 遺品鑑定士
  • 遺品整理士
脇﨑壮真
目次

タンブラーは何ゴミに分類される?

タンブラーの写真

まず始めに、タンブラーをゴミに出す場合の分類方法について確認しましょう。

間違った捨て方をすると回収してもらえないことがあるため、各自治体ごとに適した捨て方をしなければなりません。

まずは素材を確認しよう

タンブラーを捨てるのであれば、まずはどの素材で作られているのかを確認してください。タンブラーの素材にはさまざまなものがあり、ステンレスやアルミ、銅などの金属にくわえ、プラスチック、ガラス、木、陶器などが挙げられます。

タンブラーに限らず多くの自治体は素材によってゴミの分別方法が異なるため、タンブラーを購入した時の説明書や箱などを確認して正しい方法で処分しましょう。

複数の素材が使われていたり、フタにパッキンがついていたりすることもあるため、その場合はそれぞれの素材で分解して適した方法で捨ててください。

各自治体によってゴミの分類が異なる

タンブラーを素材ごとに分解したら、各自治体で決められたゴミのルールに従って捨てましょう。自治体ごとに分類方法が異なるため、同じ素材でも可燃ゴミと不燃ゴミの判断が違ったりするため、注意しなければなりません。

例として、プラスチック製や木製のタンブラーは可燃ゴミ、金属製やガラス製のタンブラーは不燃ゴミとなる場合や、素材を問わずタンブラーは不燃ゴミ扱いになる場合があります。

また、少ないケースとなるでしょうが、一辺が30cmを超えるような大きな物は粗大ゴミとして扱われます。粗大ゴミとして捨てる場合は各自治体に申し込みを行い、指定の回収日までに粗大ゴミ回収シールを購入しておかなければなりません。

タンブラーを捨てる際の注意点

指を立てる男性の写真

タンブラーを捨てる際の注意点としては、捨てる前にできる限り綺麗に洗っておくようにしましょう。特に、金属製やプラスチック製のタンブラーを資源ごみとして捨てる場合は、綺麗に洗って乾かしてから回収に出します。

もし洗っても汚れが落とせない場合は、資源ごみではなく可燃ゴミや不燃ゴミとして処分しましょう。

どの方法で捨てる場合でも、タンブラーの中に入っている飲み物はきちんと処理してしっかりと洗っておくことで、作業員は気持ちよく回収できます。また、中身が入ったまま捨ててしまうと、作業員だけでなく近隣の住民に迷惑がかかる可能性もあるため、できる限り綺麗な状態で処分すると良いでしょう。

タンブラーを処分する4つの方法

ゴミを捨てている写真

ここからは、タンブラーを処分する方法について以下の4種類の捨て方を紹介します。

  • 方法①自治体の規定に従って一般ゴミとして捨てる
  • 方法②リサイクルショップに持ち込む
  • 方法③フリマやオークションに出品する
  • 方法④不用品回収業者へ回収を依頼する

それぞれの処分方法における特徴や処分の流れを解説しますので、ご自身にあった処分方法を参考にしてみてください。それでは、一つずつ確認していきましょう。

方法①自治体の規定に従って一般ゴミとして捨てる

もっとも簡単にタンブラーを処分できるのが、各自治体の規定に従って一般ゴミとして捨てる方法です。

タンブラーはさまざまな素材でできているため、ステンレスやアルミ、銅などの金属は不燃ゴミ、プラスチック、ガラス、木、陶器などはリサイクル資源ごみまたは可燃ゴミなどで捨てましょう。

どのゴミの分類方法で捨てるとしても、タンブラーの中身を処理して綺麗に洗っておくようにしてください。資源ごみの場合は洗って乾かさなければなりませんが、その他の場合でも綺麗にしておくことで近隣の住民や作業員に迷惑がかかるのを防げます。

また、タンブラーの捨て方は厳密には各自治体によって異なるため、各家庭に配布されているゴミ分別一覧表を確認したり、直接問い合わせたりして正しい方法で処分しましょう。タンブラーのサイズが大きい場合は、粗大ゴミ扱いとなることもあります。

粗大ゴミとしてタンブラーを捨てる場合は、一般のゴミと一緒に出すのではなく自治体へ粗大ゴミの回収を申し込み、回収日まで自宅に保管しておかなければなりません。粗大ゴミ回収シールをコンビニなどで必要な金額分購入しておき、回収日にタンブラーに貼り付けて回収場所まで持っていきましょう。

方法②リサイクルショップに持ち込む

処分したいタンブラーがまだ綺麗な状態の場合は、リサイクルショップに持ち込むことでお金に換えられる可能性があります。特に、有名メーカーのタンブラーなどであれば、値段がつきやすいでしょう。

また、スターバックスのご当地限定や季節限定のタンブラーは、未使用の場合にのみ買い取ってもらえるようです。

タンブラーの査定で高値がつくことは期待できませんが、買い取ってもらえれば処分するよりもお得に手放せるため、一度お近くのリサイクルショップに持ち込んでみても良いかもしれません。

ただし、一度でも使用すると買い取ってもらえないことが多いため、使用済みの場合は別の処分方法も考えておきましょう。

方法③フリマやオークションに出品する

使わなくなったタンブラーをお金に変えるもう一つの方法として、フリマやオークションに出品することもできます。フリマやオークションはたくさんのユーザーが利用しているため、さまざまな家具・家電などの需要も多いことが特徴です。

フリマやオークションに出品する際は、出品から梱包、発送までの手続きを全て自分で行わなければならないため、慣れていないとかなり大変な作業が発生してしまうでしょう。また、手数料や送料が売上から引かれることを考慮し、損失がでないようにしなければなりません。

一方で、販売金額を好きに設定できるメリットもあります。リサイクルショップでは値段がつかなかったようなタンブラーでも、限定デザインのものであればフリマやオークションで2万円前後で取引されることもあるようです。

そのお金で新しいタンブラーを購入したり、別の家具を購入する際の足しにしたりすることもできますね。自分で全て行わないといけない面倒さがありますが、一度チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

方法④不用品回収業者へ回収を依頼する

使わなくなったタンブラーが大量にあったり、他に家具や家電などをまとめて処分したい場合は、不用品回収業者へ回収を依頼することがおすすめです。

不用品回収業者は依頼から回収までのスケジュールが短いことや、自宅まで回収に来てくれることから、時間が取れない方でも楽に処分できます。

ただし、回収点数が少ないと料金が高くついてしまうため、使わないタンブラーが大量にある場合や他にも処分したいものがある場合におすすめです。また、お金をかけてでも早く処分したい、楽に処分したいという場合にも向いているでしょう。

不用品回収業者は業者の数が多いため、なかには悪質な業者も存在します。依頼する際は、複数の業者で見積もりを取り、相場とかけ離れすぎていないか、見積もり内容は明確かなどを確認しましょう。信頼できる業者へ依頼することで、気持ちの良い取引ができます。

タンブラーのほかにも処分したい家具がある方はスッキリ回収へ!

今回は、タンブラーの捨て方についてゴミの分類方法やおすすめの処分方法などを紹介しました。タンブラーは素材によってゴミの分類が異なるため、各自治体のルールに合わせた処分が必要です。

いらなくなったタンブラーが大量にあったり、ほかに処分したい家具や家電があったりする場合は、不用品回収業者のスッキリ回収へお任せください。ご連絡をいただいてから最短で即日の対応が可能なほか、LINEで写真を送っていただくと簡単なお見積りが行えます。

家庭の不用品回収のほかに、遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷掃除なども対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次