テントを廃棄したい方必見!テントの処分&売却方法をまとめてご紹介します

テントは何ゴミ?分別方法やおすすめの捨て方をまとめて解説

「テントを廃棄したい」

「テントの処分方法にはなにがある?」

と気になっている方もいるでしょう。

テントは、キャンプ好きにとっては欠かせないキャンプ用品です。近年はアウトドアがブームであり、テントを持っている人も増えています。

テントが古くなってきたり、新しいテントを購入したりするタイミングになると困るのが、テントの廃棄方法です。普通のごみと異なるテントをどのように処分すればわからないと感じる方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、テントを処分したい方に向けて以下の事柄を解説します。

  • テントの分別について
  • 売却する方法
  • おすすめの処分方法
ディクリーズマン

テントの廃棄や処分に悩んでいるのなら要チェックだゼっ!

この記事を監修した人

不用品回収業者「スッキリ回収」の代表。世の中から不法投棄を撲滅するため奮闘中。

保有資格

  • 古物商許可証
  • 遺品鑑定士
  • 遺品整理士
脇﨑壮真
目次

テントの分別方法は?

テントは、解体さえすれば通常の自治体のごみとして出すことができます。

解体方法は簡単で、ハサミなどを使って布を切り開き、素材ごとに分別するだけ。ハサミで切りにくい場合は、裁ち鋏や電動カッターなどを使うと良いでしょう。

ここでは、解体した後の分別について解説します。

テント本体は燃えるごみ

テント本体や布の部分は、原則として燃えるゴミに当たります。

テントを解体して金属部品などを取り除いたら、自治体のごみ袋に入れて、燃えるゴミとして出すと良いでしょう。

ただし、テントの素材によっては燃えないごみや資源ごみに分類されることもあります。自分が住んでいる自治体のルールを確認した上で、処分するようにしてください。

ポールやペグは燃えないごみ

ポールやペグ、テント内の骨組みなどの金属部品は燃えないごみに分別されます。

解体後に金属部品だけまとめてから捨てるようにしてください。

また、テントによっては、テントを軽量化するために骨組みがプラスチックなどでできているものもあります。そういった場合は、プラスチックのみでまとめて資源ごみとして捨てると良いでしょう。

サイズが大きい場合は粗大ごみ

テントのサイズが大きい、または解体が難しい場合は粗大ごみ扱いになります。金属部品だけ分ける必要もなく、まとめて処分できるので、解体が面倒だと感じる方にもおすすめです。

スッキリ回収代表

ただし、自治体によっては、テントの回収を受け付けていないところもあるので気をつけましょう

粗大ゴミとして捨てる場合、まずは自治体に申込の連絡をする必要があります。その後、指定された金額の粗大ごみ回収券を購入し、テントの目立つところに貼り付けます。回収料金は、テントの大きさや重さによって異なることが多いです。回収日当日に、指定の回収場所にテントを持ち込めば処分は完了です。

参考までに、各主要都市のゴミ捨てルールを示します。

テントは売却できる?

森の中でキャンプをする人たち

近年、アウトドアブームによりテントの需要が高まっています。そのため、テントの状態が良かったり人気のモデルであれば、比較的容易に売却することができるでしょう。

売却する方法には以下の2種類があります。

  • リサイクルショップ
  • フリマアプリやオークションサイト

それぞれの方法のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

リサイクルショップで売却する

リサイクルショップで買取をしてもらうメリットは、その手軽さです。

フリマアプリやオークションと違って、査定を依頼して買取が成立さえすればその場でお金がもらえます。

査定は完全にお任せなので、査定結果を待つだけで良いのが魅力です。査定が終わった後は、契約書の説明を受けてサインをするだけで買取が完了します。

ただし、リサイクルショップはアウトドアに関する知識があまりないため、安く買い叩かれてしまう可能性もあります。

有名なブランドや人気のモデルであっても、十分な価格をつけてもらえないかもしれません。そうなると非常に勿体無いでしょう。

また、出張買取や郵送買取に対応していない業者だと、わざわざ店舗までテントを運ばなければならないという点もデメリットです。テントのサイズが大きかったり重たかったりする場合は、持ち運ぶだけで苦労してしまうかもしれません。

フリマアプリやオークションサイトで売却する

フリマサイトやオークションサイトなら、自分の希望する価格で販売することができます。ある程度の利益を得たいのであれば、リサイクルショップよりもこちらの方が向いています。

代表的なサイトとしてはメルカリやヤフオク!が挙げられます。

メルカリ
ヤフオク!

状態が良かったり人気のモデルであれば、購入したいと考える人も多く、その分高い値段で売れやすいです。また、キャンプが好きな人が買い取ってくれるので、心理面でも喜んで手放すことができるでしょう。

デメリットとしては、売れた時の梱包や発送の手間が挙げられます。梱包や発送に不備があるとトラブルの原因にもなります。手間はかかりますが、前もって梱包方法や配送手段を調べておくようにしてください。

また、いつ売れるかわからないというのもデメリットに含まれます。

フリマやオークションは出品したからといって確実に売れるわけではありません。売れない状況が続くと、在庫として手元に残り続けてしまいます。

そのため、今すぐ処分したいと考えている方には向いていないかもしれません。

テントを廃棄処分したいなら不用品回収がおすすめ

テントを一般ごみや粗大ごみ以外の方法で廃棄処分したいなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。

不用品回収業者のメリットは主に以下の4つです。

  • すぐに処分してもらえる
  • 解体が不要
  • 家にまで回収に来てくれる
  • 買取もできる

これらのメリットを全て満たすのは不用品回収だけと言えます。テントの処分方法で悩んでいるのなら、ぜひ各メリットについて確認した上で、不用品回収業者への依頼を検討してみてくださいね。

すぐに処分できる

多くの不用品回収業者は、最短即日対応が可能です。

粗大ごみやリサイクルショップ、フリマアプリなどはいずれも、思い立ったからと言ってすぐに処分できるわけではありません。

しかし、不用品回収なら、問い合わせをした当日に回収に来てくれます。そのため、今すぐテントを処分したい時に向いています。

解体せずに丸ごと処分できる

不用品回収を利用する際は、テントの解体や分別は不要です。テントを丸ごと引き取ってくれるので、面倒な解体作業をすることなく処分できます。

もちろん、テントのサイズ制限もありません。

ディクリーズマン

大き過ぎて粗大ごみにも出せないようなテントを廃棄したい場合も安心だゼっ!

家にまで回収に来てくれる

不用品回収業者のスタッフは、家にまで引き取りに来てくれます。

家の近くにリサイクルショップがない、車を持っておらず運搬方法がない、といった方でも気にせず依頼できるでしょう。

その上、家の中からの搬出作業もしてくれます。自分一人では運べない場合でも、スタッフに完全おまかせで運び出してもらえます。

買取をしてくれるところも

不用品回収業者の中には、買取サービスも扱っているところがあります。こういった業者に依頼すれば、買取をしてもらえるかもしれません。

もちろん、買取が成立すればお金が手に入ります。そして、買取が不可能であっても回収はしてもらえます。つまり、通常の売却と違って、売却ができなくても手元に残る心配がありません。

自分の持っているテントがお金になるか試したいのであれば、買取サービスも併設している業者を選ぶと良いでしょう。

テントの廃棄処分はスッキリ回収へ!

荷物を梱包する人

今回の記事では、テントの廃棄処分の方法について解説しました。

テントを一般ごみとして捨てたいのなら、解体した上での分別が必要です。解体ができないのであれば、丸ごと粗大ゴミで出すという方法もあります。ただし、いずれの捨て方にしろ、住んでいる自治体のルールを確認することが必要です。

売却後に梱包や発送の手間をかけたくないのであればリサイクルショップがおすすめです。少しでも高い金額で売却したいならフリマアプリやオークションサイトの方が向いています。

また、今すぐ処分したい、家の中まで取りに来てほしいと思うなら不用品回収を利用してください。

数多くある不用品回収業者の中でも、スッキリ回収なら、即日対応、早朝・深夜対応、そして買取査定まで行ってくれます。

そのため、すぐに手軽に、そして売却可能かどうかも対応してもらえるでしょう。

問い合わせや無料見積もりはLINEから行えます。興味がある方は、まずはLINEから連絡をしてみてはいかがでしょうか。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次