ピンチハンガーの正しい捨て方とは?分類やおすすめの処分方法を解説

ピンチハンガーは何ゴミ?分類方法や捨て方などまとめて解説

「ピンチハンガーを捨てたいけどそのまま捨てて良いのか分からない」「もしかして粗大ゴミになる?」というように、ピンチハンガーの処分について疑問を持っている方は少なくないでしょう。

ピンチハンガーは大きさによって捨て方が異なり、各自治体のゴミ捨てルールに従った正しい処分が必要です。

本記事では、ピンチハンガーの捨て方やおすすめの処分方法などについて解説しますので、処分方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ディクリーズマン

ピンチハンガーの捨て方を学ぼうゼっ!

この記事を監修した人

不用品回収業者「スッキリ回収」の代表。世の中から不法投棄を撲滅するため奮闘中。

保有資格

  • 古物商許可証
  • 遺品鑑定士
  • 遺品整理士
脇﨑壮真
目次

ピンチハンガーの捨て方は?ゴミの分類について

ピンチハンガーの写真

ピンチハンガーが壊れていて使えない状態だったり、もう使用用途がなくなったりした場合は、処分する必要があるでしょう。

ここでは、ゴミとして捨てる場合の分類方法について解説します。

一般ゴミ扱いになる場合

ピンチハンガーが粗大ゴミのサイズを超えないのであれば、可燃ゴミや不燃ゴミとして処分できます。

ピンチハンガーやプラスチック製の場合は可燃ゴミ、アルミやスレンレス製の場合は不燃ゴミ扱いとなります。

一般的に、粗大ゴミの規定サイズは「最も長い一辺が30cmを超えるもの(もしくは50cm)」となっているようです。

粗大ゴミのサイズは各自治体によって異なるため、お住まいの地域では一般ゴミと粗大ゴミのどちらに該当するか分からない場合は、必ず事前に確認しておきましょう。

粗大ゴミ扱いになる場合

ピンチハンガーのサイズが大きく、地域の粗大ゴミの規定を超えてしまう場合は、粗大ゴミとしての処分が必要です。

ここでは、杉並区・足立区・練馬区を例に、粗大ゴミの基準と処分方法を紹介します。

杉並区

杉並区の場合、「最大辺がおおむね30センチメートルを超えるもので、220センチメートル以内のもの」が粗大ゴミの対象となっています。

処分するためには事前に申し込む必要があり、インターネットや電話、ファックスなどから粗大ゴミ受付センターまで連絡します。

申し込みが完了したら杉並区の「有料粗大ゴミ処理券」を購入し、指定日の朝8時までに玄関の前もしくは粗大ゴミ専用置き場などに置いておき、回収されたら処分完了です。

参考:https://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/gomi/seisou/1004899.html

足立区

足立区では、「一辺の長さが30cmを超えるもの」を粗大ゴミの対象としています。

こちらも事前の申し込みが必要であり、粗大ゴミ受付センターへ電話もしくはインターネットから申し込みます。

回収日までに「足立区有料ごみ処理券取扱所」で必要な金額分のシールを購入し、回収日になったら朝8時までに指定の場所まで持っていき、回収されるといった流れです。

参考:https://www.city.adachi.tokyo.jp/seso/kurashi/kankyo/gomi-wakekata/sodai.html

練馬区

練馬区も上記2区と同じように、「おおむね30センチメートル角以上のもの」が粗大ゴミの対象です。

事前に粗大ゴミ受付センターに回収を申し込み、区内のコンビニや市役所、練馬・石神井清掃事務所などで必要な分の粗大ごみ処理券を購入します。

こちらも回収日の朝8時までに自宅の前に荷物を持っていき、回収されたら処分完了となります。

参考:https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/gomi/wakekata/sodai.html

その他のハンガーの捨て方を一覧で解説

ハンガーの写真

「引っ越しに伴い、ピンチハンガーを含む洗濯用品を一括処分したい」という方もいるのではないでしょうか。

ここでは、その他のハンガーについても処分方法をまとめましたので、以下の表にてご覧ください。

ハンガーの種類処分方法
ハリガネハンガー(アルミ・ステンレス・スチールなどの素材を含む)不燃ゴミ(木などが使われいてる場合は、分解してから処分が必要)
プラスチックハンガー可燃ゴミ
木製ハンガー可燃ゴミ
クリーニングハンガークリーニング店に返却する(ゴミとして処分できるが、返却のほうがより環境に優しい)
ブランド・メーカー物のハンガー素材に合わせて処分、もしくは売却

それぞれ、このような方法で処分できます。

また、処分したいハンガーが大量にある場合は、不用品回収業者に回収を依頼することで楽に処分できるでしょう。詳しくは後ほど解説します。

ピンチハンガーのおすすめの処分方法5選

チェックボックスの写真

ピンチハンガーを処分する方法として挙げられるのは、次の5つです。

  • 方法①不燃ゴミとして捨てる
  • 方法②粗大ゴミとして捨てる
  • 方法③リサイクルショップに持ち込む
  • 方法④フリマやオークションに出品する
  • 方法⑤不用品回収業者に回収してもらう

一つずつ解説しますので、ご自身の場合に合った処分方法を参考にしてみてください。

方法①一般ゴミとして捨てる

1つ目に、一般ゴミとして捨てる方法が挙げられます。ピンチハンガーの素材が木や布、プラスチックの場合は可燃ゴミ、ステンレスやアルミの場合は不燃ゴミとして処分できます。

処分する際は、正しい回収日の朝に収集場所まで持っていく必要があります。

ただし、ピンチハンガーのサイズが粗大ゴミのサイズを超えるようであれば、粗大ゴミとして適切に処分しなければなりません。

粗大ゴミの規定サイズは各自治体によって決められているため、不明な場合は必ず確認したうえで処分するようにしましょう。

方法②粗大ゴミとして捨てる

2つ目に、粗大ゴミとして捨てる方法があります。ピンチハンガーが一般ゴミとして捨てられるゴミのサイズを超えてしまう場合は、粗大ゴミの処分方法に従って処分しましょう。

粗大ゴミは事前に申し込まなければならず、手順は以下の通りです。

  1. 各自治体の粗大ゴミ受付センターに申し込みをする
  2. 粗大ゴミ回収シールを購入し、必要事項を記入する
  3. 回収日の朝になったら収集場所まで持っていく

事前の申し込みは、電話またはインターネットから行える自治体がほとんどのようです。また、粗大ゴミ回収シールは各地域のコンビニや市役所などで購入できるため、必要な金額分を購入してください。

購入したシールは必要事項を記入しておき、回収物の分かりやすい位置に貼り付けてから収集場所まで持っていきましょう。

方法③リサイクルショップに持ち込む

3つ目に、お近くのリサイクルショップにピンチハンガーを持ち込む方法があります。

中古品の場合、高値買取は期待できないことが多いとはいえ、状態が良ければ買い取ってもらえるでしょう。

また、近くにリサイクルショップがない、わざわざ持ち込むのが面倒、という場合は、買取NETリサイクルプロショップなどでオンライン査定を利用し、宅配買取をしてもらう方法もあります。

ただし、使い古したボロボロのピンチハンガーには値段がつきにくいため、処分しなければならない場合もあることを頭に入れておきましょう。

方法④フリマやオークションに出品する

4つ目に、フリマやオークションに出品し買い手を見つける方法があります。

多くの人が利用しているメルカリヤフオクジモティーなどのサービスでは日々多くの商品が出品・購入されています。そのため、リサイクルショップより買取されやすい場合もあるでしょう。

ただし、商品の出品から発送作業までを全て自分で行わなければならないため、作業に慣れていない方はやや難しく感じるかもしれません。また、個人同士の取引になるため、クレームやトラブルが発生する可能性もあることに注意する必要があります。

そのほか、売上金から販売手数料や送料を引かれることを計算し、最終的に赤字となってしまわないように値段を決めることもポイントです。

方法⑤不用品回収業者に回収してもらう

5つ目に挙げられるのは、不用なピンチハンガーをまとめて不用品回収業者に回収してもらう方法です。

ピンチハンガー1点の場合は他の処分方法に比べて費用が高くなる傾向にありますが、いらないハンガーが大量にある場合や、他にも処分したい家具や家電などの生活用品がある場合は、一括回収してもらうことがおすすめです。

不用品回収業者は24時間対応している業者も多く、忙しい方や緊急で処分したい方でも安心して処分できるでしょう。

注意点として、業者のなかには回収した不用品を不法投棄したり、高額な料金を請求してきたりする悪徳業者も存在します。誠実に取引できる業者を見つけるために、必ず複数社のサービスや料金を検討し、見積もりを取ったうえで依頼するようにしましょう。

ピンチハンガーの捨て方に迷ったらスッキリ回収へ!

本記事では、ピンチハンガーの捨て方について解説しました。捨てる際は、ピンチハンガーの大きさに合わせて一般ゴミ、もしくは粗大ゴミとして処分しましょう。

また、自分で処分するのが面倒だったり、他にも処分したい物が大量にあったりする場合は、不用品回収業者のスッキリ回収へお任せください。

最短で即日の回収にも対応しており、LINEで写真を送っていただくと簡単な査定が行えます。不用品回収のほか、遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷掃除なども承っておりますので、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次