物干し竿の処分する方法は全部で5つ!各処分方法のメリット・デメリットを徹底比較します

物干し竿を処分するには?5種類の捨て方やメリット・デメリットなどまとめて解説

「物干し竿を処分したい」

「処分方法には何がある?」

と気になっている方もいるでしょう。

洗濯物を外で干す時に欠かせないのが物干し竿です。家にあるという方も多いでしょう。しかし、不要になったり買い替えたりするタイミングで、処分方法がわからずに困ってしまうという方もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、物干し竿を処分する方法を5つご紹介します。各処分方法のメリットとデメリットについても解説しますので、記事を読むだけで自分に合った処分方法を探すことができるでしょう。

ディクリーズマン

物干し竿を処分したいならぜひ参考にしてくれよなっ!

この記事を監修した人

不用品回収業者「スッキリ回収」の代表。世の中から不法投棄を撲滅するため奮闘中。

保有資格

  • 古物商許可証
  • 遺品鑑定士
  • 遺品整理士
脇﨑壮真
目次

物干し竿の処分方法①一般ゴミや粗大ゴミ

トラックのイラスト

物干し竿の処分方法としてまず初めに思い浮かぶのは、自治体のごみとして捨てるという方法です。

しかし、物干し竿がどのゴミに当たるのか知っている方は少ないでしょう。今回の記事の初めに、物干し竿の分別や捨て方について解説していきます。

素材によって分別方法が異なる

自治体のごみとして捨てる時に重要なのが、何ごみに分別されるかということです。

多くの物干し竿は、アルミなどの金属でできています。金属のごみは、自治体によって異なりますが、燃えないゴミとして扱われることが多いです。その他、資源ゴミなどとして扱われることもあります。

サイズが大きければ粗大ゴミ

物干し竿のサイズが小さかったり、分解できる場合は燃えないゴミなどとして処分できます。しかし、サイズが大きい場合は粗大ゴミに分別されます。

これも自治体によって異なりますが、一辺が1メートルを超えると粗大ゴミになることが多いです。

スッキリ回収代表

捨てる前に、自分の住んでいる自治体のルールをよく確認するようにしてください

メリット:費用が安い

一般ゴミや粗大ゴミの最大のメリットは費用が安いことです。

特に一般ゴミとして捨てられるのであれば、かかる費用はゴミ袋代だけです。粗大ゴミであっても、数百円で捨てることができるでしょう。

デメリット:手間と時間がかかる

一般ゴミや粗大ゴミでの処分は、費用が安い分手間と時間がかかります。

まず、一般ゴミとして捨てたいのであれば、分解や解体をする必要が出てきます。金属の物干し竿の場合、解体するにはパイプカッターなどの工具が必要になるでしょう。

粗大ゴミとして捨てるのであれば、まずは自治体の粗大ゴミを受け付けている場所に申込が必要です。さらに、粗大ゴミ券を購入して、回収日に回収場所に出す手間がかかります。捨てるまでに時間がかかるため、今すぐ捨てたい方や忙しくて時間がない方には向いていない方法と言えるでしょう。

物干し竿の処分方法②ゴミ処理施設に持ち込む

ゴミ処理施設のイラスト

近くにゴミ処理施設があるならば、物干し竿を直接持ち込むことで処分してもらえます。

事前に申込が必要かどうかは施設によって異なります。また、物干し竿を捨てられるかどうかも施設によるため、必ず前もって問い合わせを行うようにしてください。

メリット:費用が安い

ゴミ処理施設は自治体によって運営されています。そのため、一般ゴミや粗大ゴミと同じく、処分にかかる費用が安いです。

処分にお金をかけたくないのであれば、こういった自治体が行っている方法で処分するのが一番です。

デメリット:予約や運搬に手間がかかる

ゴミ処理施設に事前予約が必要な場合、申し込むのに手間がかかります。

また、ゴミ処理施設への運搬は自分で行わなければいけません。物干し竿が大きかったり、ゴミ処理施設が家から遠いのであれば車が必要になるでしょう。車に積み込めないサイズだとトラックが必要になるかもしれません。

物干し竿の処分方法③購入店で引き取ってもらう

荷物を運ぶ人

新しく物干し竿を購入するのであれば、不要な物干し竿を引き取ってもらえるかもしれません。

ホームセンターだと、この引取サービスを実施している店舗が多いです。新しく物干し竿を購入する際は、購入予定店舗が引き取りを行っているかどうかを調べると良いでしょう。

引き取りサービスを実施している店舗

物干し竿の引取サービスを実施している大手の店舗は以下になります。

  • コーナン
  • カインズ
  • ニトリ

コーナンは、物干し竿だけでなく、さまざまな商品で引き取りサービスを実施しています。引き取りサービスでは、対象商品を1つ購入すると、同じ製品を無料で引き取ってくれます。

ただし、引き取って欲しい商品は自分で店に持ち込まなければいけません。

そのため、新しい物干し竿を購入する場合には、古い物干し竿も持ち込んでおくと良いでしょう。

カインズにも、物干し竿の引き取りサービスがあります。大まかなルールはコーナンと同じですが、購入日でなくても引き取ってもらえるのが特徴です。レシートさえあれば、後日古い物干し竿を引き取ってもらえます。

後から処分したいと思った時でも引き取ってもらえるのはとても便利と言えます。

コーナンとカインズの引取サービスは無料ですが、ニトリの引取サービスは有料です。その代わり、新しい物干し竿を家に届けて貰うことで、古い物干し竿を家にまで引き取りにきてくれます。

ディクリーズマン

店舗まで運搬する手段がない方や手間をかけたくないという方にオススメだゼっ!

ニトリでは、1回の注文や配送に対して、1点あたり3,000円で回収してもらえます。

ただし、いずれの大手の会社でも、店舗によっては引取サービスを実施していない場合があります。利用前に必ず店舗に確認するようにしてください。

メリット:無料で処分できることもある

引き取りサービスを実施している店舗の中には、コーナンやカインズなど無料で引き取ってくれるところもあります。そのため、処分にお金をかけたくない時にぴったりの方法と言えます。

スッキリ回収代表

また、新しい物干し竿を購入するタイミングで処分できるので、不要な物干し竿が家に残らないというのもメリットです

デメリット:新しい物干し竿を買う必要がある

当たり前ですが、この方法は新しく物干し竿を購入しないと使えません。処分をするために、必要ではないのに物干し竿を購入すると本末転倒と言えます。

ただ処分をしたいだけなら、他の方法で処分したほうが安上がりです。

物干し竿の処分方法④ジモティーで譲る

口の空いた段ボール

ジモティーは、不用品を必要な人に譲ることができるアプリです。

物干し竿をフリマアプリなどで売却しようとしても、なかなか買い手がつかないうえに、売却金額が安いです。仮に売れたとしても、梱包や発送に手間と費用がかかり、大した利益にもなりません。

しかしジモティーなら、近くに物干し竿を必要としている人がいれば、家まで取りに来てもらえます。梱包や発送の手間がかかりません。

また、無料で譲渡だけでなく売却もできるので、物干し竿の状態に合わせて好きな金額で売ることもできます。

メリット:無料で処分できる

ジモティーのメリットは、無料で処分できるということです。場合によっては、売却することで利益にもなります。

また、相手に家まで引き取りに来てもらえるので、自分で運搬をする手間も省けます。

デメリット:確実に譲れるとは限らない

ジモティーでの譲渡や売却は、あくまでも欲しいと思う相手がいないと成立しません。出品したからといって確実に手放せるとは限らないのです。

そのため、確実に処分したい方や今すぐに処分したい方には向いていない方法とも言えます。

物干し竿の処分方法⑤不用品回収業者に頼む

荷物を運ぶ人

不用品回収業者に回収を依頼することもできます。不用品回収業者を使えば、物干し竿を手軽に処分できるでしょう。

他の処分方法とは違い、いつでも気軽に頼める上に、回収までのスピードも早いです。分別や解体の必要もありません。もちろん新しい物干し竿を購入しなくても良いですし、在庫として家に残り続けることもないでしょう。搬出や運搬の手間をかけずに処分したい場合にもおすすめです。

また、不用品回収なら物干し竿以外の不用品もまとめて処分できます。引越しや断捨離をして、不用品が大量にある場合にも向いています。

メリット:即日で処分でき家にまで取りに来てくれる

不用品の最大のメリットは回収までの速さです。

多くの不用品回収業者は即日対応を行なっています。問い合わせをしてから最短即日で回収してくれるのは不用品回収だけです。

また、業者の中には早朝や深夜にも回収を行ってくれるところがあります。平日の昼間は忙しくて処分にかける時間がない、という方でも安心して利用できるでしょう。

さらに、不用品回収は家にまで回収に来てくれます。自分で物干し竿を運搬する必要はありません。

そのため、物干し竿のサイズが大きかったり、運搬手段がなかったとしても気にすることなく処分ができます。

デメリット:費用がかかる

不用品回収のデメリットは、他の方法と比べて費用が高いことです。

しかし、工夫次第で費用は安くできます。

例えば、相見積もりという方法があります。相見積もりは、複数の不用品回収業者に見積もりをしてもらう方法です。相見積もりをすることで、回収費用の相場がわかるだけでなく、一番安い業者を探せます。

また、他の業者の見積もり結果を提示することで、見積もり費用を安くしてくれる業者も存在します。こういった業者を活用すれば、回収費用を安くすることができるでしょう。

物干し竿の処分方法は不用品回収が最適

トラックのイラスト

今回は、物干し竿の処分方法を5つご紹介しました。それぞれの方法に特徴があるため、メリットとデメリットを踏まえて自分に合った方法を選ぶようにしてください。

時間と手間をかけずに処分したいなら不用品回収が一番向いています。

特に、スッキリ回収は即日対応はもちろん、早朝や深夜の回収にも対応しています。パック料金や詰み放題プランも充実しているため、物干し竿以外にも処分したいものがあるなら尚更向いているでしょう。

スッキリ回収は、ラインで簡単に無料見積もりを行えます。物干し竿の処分に悩んでいるのならぜひ問い合わせてみてくださいね。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次