マッサージチェアの捨て方7種類を徹底解説!楽に処分する方法とは?

マッサージチェアは何ゴミ?注意点や7種類の捨て方をまとめて解説

「マッサージチェアを処分したいけど、重くて自分では運べない」「業者に依頼するとしてもどうしたら良いか分からない」と、マッサージチェアの処分に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

今回は、マッサージチェアを処分するうえでの費用相場やおすすめの捨て方などについて紹介していきます。

費用を抑え、できる限り簡単にマッサージチェアを処分したいという方はぜひ最後まで記事をご覧ください。

ディクリーズマン

マッサージチェアの処分方法を一緒に学ぶぞ!

この記事を監修した人

不用品回収業者「スッキリ回収」の代表。世の中から不法投棄を撲滅するため奮闘中。

保有資格

  • 古物商許可証
  • 遺品鑑定士
  • 遺品整理士
脇﨑壮真
目次

マッサージチェアは大きく重いため、処分が大変

スッキリ回収
マッサージチェアは大きく重いため、処分が大変

マッサージチェアは軽いものでも30kgほどであり、重いと100kg近いものまであるため、処分が大変です。

このような大きな家電の処分は、ゴミとして出せるのか、また処分にどのくらいの手間がかかるのか気になりますよね。

まずは、簡単に処分方法について紹介していきます。

基本的には業者に依頼することがおすすめ

上述のようにマッサージチェアは重くて運ぶのが大変なため、基本的には業者に回収を依頼することがおすすめです。また、自分で運ぶ場合は運搬の途中にぶつけてしまい、マッサージチェアだけでなく壁や床などに傷が付く可能性もあります。

もしマッサージチェアの売却を考えている場合は、傷がつくと査定額に影響が出てしまうでしょう。

また、売却を検討していないとしても住居に傷をつけると修理が必要になってしまったり、重いものを無理やり運んで怪我をしてしまうことがあるため、自分の処分はおすすめできません。

解体して自分で捨てることも可能

マッサージチェアは、解体することで可燃ゴミまたは不燃ゴミとして捨てられます。この場合は各自治体の指定する曜日に回収してもらうだけですので、無料で処分できるのが魅力です。

一般的な基準として、粗大ゴミ扱いにならないようにするためには1辺を30cm以下にする必要があります。

マッサージチェアの解体方法についてYouTubeなどで解説している動画があるため、自分で解体する際の参考になるでしょう。ただし、解体作業が大掛かりであったり道具を揃えなければならなかったりするため、手間をかけずに処分したい方にはおすすめできません。

マッサージチェアを捨てる場合の費用相場

お金の写真

マッサージチェアを捨てる場合の費用相場は、処分方法によって異なります。

状態が良く売却できる場合や知人に譲る場合は無料で処分できますが、粗大ゴミとして捨てたり業者に引き取ってもらったりするのであれば費用が発生します。

費用の目安として、粗大ゴミに出す場合は1,000円前後、家電量販店に引き取ってもらう場合は3,500円前後、不用品回収業者に回収してもらう場合は5,000円前後の費用が発生するでしょう。

費用はマッサージチェアの大きさや業者・自治体の基準によって異なるため、詳しくは公式ホームページを確認したり、問い合わせてみてください。

マッサージチェアの捨て方7選をまとめて紹介

マッサージチェアを操作する写真

ここでは、マッサージチェアの捨て方について次の7種類を紹介します。

  • 方法①粗大ゴミとして捨てる
  • 方法②家電量販店に引取を依頼する
  • 方法③買取業者に買取を依頼する
  • 方法④リサイクルショップに持ち込む
  • 方法⑤オークションに出品する
  • 方法⑥知人に譲る
  • 方法⑦不用品回収業者に回収を依頼する

それぞれについて処分方法を解説しますので、ご自身にあった方法を参考にしてみてください。

方法①粗大ゴミとして捨てる

マッサージチェアを自分で運び出せるのであれば、粗大ゴミとして捨てるのが最も費用を抑えられる捨て方といえます。

粗大ゴミに出すためには、まずは各自治体の窓口へ回収の申し込みを行い、回収日時を決めます。その後、粗大ゴミ回収シールを購入して必要事項を記入し、回収日の朝にマッサージチェアに貼り付けて回収場所まで持っていきましょう。

小型のマッサージチェアの場合は家電リサイクル法の対象となるため、地域が自治体回収を子なっているのであれば無料で捨てられます。

方法②家電量販店に引取を依頼する

マッサージチェアを買い換える場合は、家電量販店に引取を依頼することが可能です。家電を購入すると安く回収してもらえるため、買い替えの場合はおすすめの捨て方です。

店舗によっては回収のみにも対応していることがあるため、買い替えない場合でも引取サービスを利用できる可能性があります。その際は回収費用が高くなってしまいますが、一つの処分方法として参考にしてみてください。

方法③買取業者に買取を依頼する

家具などの買取を専門としている買取業者は、マッサージチェアの買取にも対応している場合がほとんどです。買い取ってもらえれば処分費用が発生しないためおすすめですが、汚れがひどかったり傷がついていたりする場合は買取不可となってしまうこともあるため、注意しましょう。

買取業者に買い取ってもらうためには、店舗に持ち込む方法と出張で買取しに来てもらう方法があります。対応している方法は店舗によって異なるため、事前に確認してから依頼しましょう。

また、「せっかく店舗まで持っていたのに買取してもらえなかった」となってしまわないように、お持ちのマッサージチェアが買取の対象かどうかを問い合わせておくことがおすすめです。

方法④リサイクルショップに持ち込む

住んでいる地域にリサイクルショップがあれば、リサイクルショップに持ち込んでマッサージチェアを買い取ってもらう方法もあります。リサイクルショップでも買取業者の場合と同じように、買取の対象となれば処分費用は発生しません。

リサイクルショップで買い取ってもらえる基準としては、説明書や保証書などの付属品が揃っている・製造から5年以内・状態が良いことが前提となります。そのほか、有名メーカーであると買取されやすいでしょう。

もし自分で店舗に持ち込むのが難しい場合は、出張買取や宅配買取に対応しているリサイクルショップを探してみてください。

方法⑤オークションに出品する

オークションに出品することで、買取業者やリサイクルショップよりも高値でマッサージチェアが売れるかもしれません。有名メーカーや人気のモデルの場合、特に高値が付きやすいでしょう。

ただし、オークションは個人間のやり取りになるため、トラブルが発生することがあります。また、出品から梱包、発送までの手間がかかったり、マッサージチェアの場合高額な送料が必要だったりするでしょう。

このようなデメリットもあるため、普段からオークションなどのサービスを使い慣れている方でない場合はあまりおすすめできません。

方法⑥知人に譲る

もし身近にマッサージチェアを欲しがっている人がいるのであれば、譲ることも一つの方法です。知人に譲れば処分費用は発生しないため、お得にマッサージチェアを手放せます。

注意点として、マッサージチェアを自分で持ち運びできるのであれば問題ありませんが、もし運べない場合は業者を手配しなければなりません。その際は別途費用が発生してしまうことを押さえておきましょう。

方法⑦不用品回収業者に回収を依頼する

不用品回収業者に回収を依頼することで、自宅までマッサージチェアを引き取りにきてもらえます。マッサージチェアのほかに必要のない家具や家電がある場合はまとめて回収してもらえるため、処分したい物が多い方に特におすすめです。

不用品回収業者は処分に費用がかかりますが、自宅まで回収に来てもらえたり、好きな日時に回収を依頼できたりするため、処分の手間や時間を省きたい方は検討してみると良いでしょう。

回収を依頼する場合は、複数社で見積もりを取ってから信頼できる業者へ依頼するようにしてください。

マッサージチェアの捨て方に困ったら不用品回収業者のスッキリ回収へ!

今回は、マッサージチェアの捨て方について自分で捨てる方法から業者に依頼して捨てる方法まで、計7種類の捨て方を紹介しました。

マッサージチェアは大きくて重く運搬が大変なため、自分で運ぶのが難しい方も多いでしょう。そこで、もしマッサージチェアの処分に悩んでいるのであれば、不用品回収業者の「スッキリ回収」へお任せください。

最短で即日対応が可能なほか、LINEで写真を送っていただくと簡単なお見積りが行えます。マッサージチェア以外の不用品回収や遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷掃除も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次