プリンターは普通のゴミに出せる?6種類の捨て方を紹介

プリンターは何ゴミ?注意点や6種類の捨て方をまとめて解説

プリンターを新しいものに買い替えたり、壊れて処分が必要になったりした時、どのような方法で処分したら良いのか困ってしまう人は多いでしょう。

プリンターの捨て方にはさまざまものがありますが、ご自身の都合や環境、プリンターの状態などによっておすすめの方法が変わってきます。

今回は、プリンターの捨て方や捨てる際の注意点、処分費用などについて紹介します。記事の内容を参考に、最適な処分方法を見つけてみてください。

この記事を監修した人

不用品回収業者「スッキリ回収」の代表。世の中から不法投棄を撲滅するため奮闘中。

保有資格

  • 古物商許可証
  • 遺品鑑定士
  • 遺品整理士
脇﨑壮真
目次

プリンターは粗大ゴミとして捨てられる

プリンターは粗大ゴミとして捨てられる

プリンターの処分方法について「一般ゴミとして捨てられないの?」と思った方も多いのではないでしょうか。

プリンターは自治体に決められたルールに則り、粗大ゴミとして捨てることができます。詳しい処分方法については後述しますが、事前に申し込みをして粗大ゴミ回収シールを購入することで処分可能です。

粗大ゴミとして処分すれば比較的費用を抑えて捨てられるため、検討してみてください。

プリンターを捨てる際の注意点

注意と書かれた文字の写真

プリンターの捨て方を紹介する前に、ここではプリンターを捨てる際の注意点について解説していきます。

何も知らずにプリンターを手放してしまうと、後になって損をしたりトラブルに繋がったりする可能性があるため、しっかりと確認していきましょう。

カートリッジはゴミに出せない

ディクリーズマン

カートリッジはゴミに出せないぞ!

プリンターのなかに入っているインクカートリッジは、適切な方法で処分しなければなりません。

プリンターは一般ゴミとして捨てられますがカートリッジはリサイクル品扱いになるため、自治体の回収ボックスに出すか、メーカーの回収サービスを利用しましょう。

もし回収箱がない場合は、可燃ゴミもしくは不燃ゴミとして処分するようにしてください。

原本を取り忘れないようにする

プリンターの原稿台にセットしていた書類の原本を取り忘れ、そのまま捨ててしまわないように注意しましょう。

重要な書類だったり個人情報が記載されていたりした場合、書類の噴出は大問題になってしまいます。プリンターを捨てる際には重要な書類などが挟まれていないかを確認し、スキャナ部分だけでなく給紙トレイなども確認しておくようにしましょう。

データを削除しておく

プリンターに残った個人情報をそのまま処分すると、情報漏えいに繋がってしまいかねません。プリンターには電話帳データなどのデータが保存されることがあるため、処分の前には必ず確認してください。

また、プリンター内のデータだけでなく、プリンターに挿しているSDカードやUSBメモリーなども、そのまま捨ててしまわないように注意しましょう。

プリンターの処分費用を一覧で紹介!

電卓の写真

ここでは、プリンターの処分費用の相場について紹介します。なるべく処分に費用をかけたくないという方が大半かと思いますので、以下の表を参考に処分方法を考えてみてください。

捨て方費用相場
粗大ゴミとして捨てる300円〜1,000円程度
小型家電リサイクル法に則って捨てる無料
買い替えと同時に下取りに出す1,000円〜3,000円程度
リサイクルショップで売却する無料
オークションやメルカリなどで出品する無料(別途配送料・手数料が発生)
不用品回収業者へ回収を依頼する3,000円程度(業者や回収点数によって異なる)

あくまで参考ですが、このような費用が発生します。これらの処分方法について、次より捨てる際の手順を紹介します。

プリンターの捨て方6種類について解説

ゴミをまとめる女性の写真

ここでは、費用相場の項で挙げた6つの処分方法について、それぞれの捨て方を解説していきます。

各処分方法によって特徴が異なりますので、ご自身にあった方法を参考にしてみてください。

方法①粗大ゴミとして捨てる

プリンターは粗大ゴミとして捨てることができます。実はプリンターは小型家電リサイクル法の対象となっていますが、30cmから50cm以上のものであれば粗大ゴミとして処分可能です。

プリンターを粗大ゴミとして捨てる際は、まずは電話かインターネットで各自治体に回収の申し込みをしましょう。申し込みで回収日程が決まったら、コンビニなどで必要料金分の粗大ゴミ回収シールを購入します。

シールに必要事項を書いておき、回収日の朝になったら指定の場所までプリンターを持っていけば、回収してもらえます。粗大ゴミとして捨てる方法は難しくありませんが、事前に受付が必要な点だけ注意してください。

方法②小型家電リサイクル法に則って処分する

プリンターは小型家電リサイクル法の対象となるため、リサイクル回収を利用して処分することもできます。

小型家電リサイクル法とは、PCやゲーム機、デジタルカメラなどの使用済み小型家電の再資源化を目指すための法律であり、家庭用のプリンターであれば回収が可能です。業務用のプリンターの場合は産業廃棄物扱いになるため、別の方法による処分が必要になります。

リサイクル回収に出す場合は無料で処分できますが、自治体で設置されている回収ボックスに入れないと回収してもらえないため、注意しましょう。

方法③買い替えと同時に下取りに出す

新たにプリンターを購入した場合は、買い替えと同時に下取りに出す方法もあります。また、回収費用と出張費用を支払うことでプリンターの引き取りのみに対応しているお店もあります。

ディクリーズマン

ただし、お店によって引き取りの条件や費用が異なるため、事前に確認が必要だ!

プリンターの買い替え時に引き取りを依頼すると、配送と同時に古いプリンターの回収をしてもらえます。自分で処分場所やお店まで持っていくのが面倒な方、新たにプリンターを購入した方や購入を検討している方におすすめです。

方法④リサイクルショップで売却する

状態が良く製造から年数が経っていないプリンターであれば、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。また、人気メーカーのプリンターや人気の型番などは高値がつきやすい傾向にあります。

買取に出す際は、買取最大手である「ハードオフ」や豊富な買取実績を持つ「買取王子」、オンラインで査定してもらえる「買取マクサス」などを利用してみましょう。

もしリサイクルショップまでプリンターを持ち運ぶのが難しい場合は、出張買取や宅配買取を利用することも可能です。その場合は別途費用が発生しますが、運び出しの手間をかけたくない方は検討してみてください。

プリンターのほかに処分したい不用品がある場合は、リサイクルショップであればまとめて買い取ってもらえる可能性もあるため、状況に合わせて利用しましょう。

方法⑤オークションやメルカリなどで出品する

不用になったプリンターは、オークションやメルカリなどで出品することができます。プリンターとして正常に作動するのであれば、買い手も見つかりやすいでしょう。

出品自体にお金はかかりませんが、プリンターが売れると手数料や配送料が必要になります。また、梱包作業や梱包のためのアイテムなども揃えなければならないため、普段からオークションを利用している人以外にはハードルの高い方法といえるでしょう。

オークションやメルカリなどは個人間のやりとりであるため、クレームやトラブルなどの発生を防ぎづらいことがデメリットとして挙げられます。このような点についても理解しつつ、処分方法の一つとして検討してください。

方法⑥不用品回収業者へ回収を依頼する

不用品がプリンターのほかにもある場合は、不用品回収業者へ回収を依頼するのがおすすめです。不用品回収業者は回収までの期間が短いため、待つことなくプリンターを含む不用品を回収してくれます。

注意点として、回収点数が1点の場合は他の処分方法よりも費用が高くなる傾向にあるため、不用品が大量にある場合やとにかく早く処分してもらいたい場合の利用が向いているでしょう。

プリンターの捨て方に迷ったら不用品回収業者のスッキリ回収へ!

今回は、プリンターの捨て方について6つの方法を紹介しました。プリンターは一般ゴミとしても捨てられるほか、リサイクル回収にも出すことができます。さまざまな処分方法のなかから、ご自身に合った方法を参考にしてください。

もしプリンターの処分を不用品回収業者に依頼する場合は、「スッキリ回収」にお任せください。プリンター以外の不用品もまとめて回収できるほか、最短で即日回収に対応、LINEによる簡単なお見積りにも対応しています。

不用品回収のほか、遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷掃除なども受け付けますので、ぜひお気軽にお問合せください。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次