衣装ケースは何ゴミに分別される? 処分費用やおすすめの捨て方を一挙紹介

衣装ケースは何ゴミ?処分費用やおすすめの捨て方などまとめて解説

「衣装ケースをゴミとして捨てたい」

「衣装ケースの処分方法が知りたい」

と考えている方も中にはいるでしょう。

押し入れや収納の整理に活躍するのが衣装ケースです。季節外の衣類や小物を収納するのに活用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、意外と困るのが古くなった衣装ケースの処分です。何ゴミに分別されるかわからず、悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、衣装ケースをごみとして捨てたい方に向けて以下の事柄を解説します。

  • 衣装ケースの分別
  • 解体方法
  • 処分方法とそれぞれの費用
ディクリーズマン

今回の記事を読めば、衣装ケースの処分方法について詳しく知ることができるゼっ!

目次

衣装ケースは何ゴミに分類されるか

ゴミ箱のイラスト

自治体のごみ回収として捨てる場合、衣装ケースが何ゴミに分別されるのか気になるところでしょう。

結論から言うと、衣装ケースは基本的に粗大ゴミに分類されます。しかし、細かく解体することができれば、素材によって一般ゴミに分類されるようになります。

基本的には粗大ゴミ

多くの自治体では、1辺の長さが30センチ〜1メートルを超えるものを粗大ゴミとしています。そのため、多くの衣装ケースは粗大ゴミに当たります。

しかし、大きさの基準は自治体によって異なります。自治体によっては、ある程度大きくても粗大ゴミには当たらないとしているところもあるようです。

スッキリ回収代表

分別や処分をするときは、お住まいの自治体のルールをよく確認するようにしてください

解体すれば燃えないゴミや資源ゴミ

衣装ケースを粗大ゴミサイズよりも小さく解体できるなら、一般ゴミとして捨てられるようになります。

プラスチック素材の衣装ケースの場合、自治体によって燃えないゴミやプラスチックゴミなどに分別されるでしょう。資源ごみとして扱われることもあります。

こちらも、分別前には自分の自治体のルールを確認するようにしましょう。

衣装ケースの解体方法

上の開いた箱

衣装ケースを一般ゴミとして捨てたいなら、解体が必要です。

衣装ケースを解体するには、プラスチックを切断できるハサミやノコギリを用意するところから始めます。ホームセンターなどに売っている万能ハサミやノコギリ、プラスチック専用のカッターがあれば十分です。

まずは、衣装ケースの骨組みを切断します。もし、骨組み部分に金属が含まれるのであれば、金属が切断できるノコギリを使用しましょう。

プラスチックの部分は、一般ゴミとして捨てられるサイズになるまで細かく切断していきます。切断したものをゴミ袋に入れれば解体は完了です。

作業中は怪我を防ぐために、軍手やメガネをつけるようにしてください。

衣装ケースの処分方法と費用

二段の引き出し

衣装ケースの主な処分方法は以下の4種類です。

  1. 粗大ゴミや一般ゴミでの処分
  2. リサイクルショップでの売却
  3. ジモティーで人に譲る
  4. 不用品回収業者の利用

それぞれの方法に特徴があり、メリットや費用も異なります。ここでは、各処分方法についての特徴を解説していきます。

①粗大ゴミや一般ゴミとして捨てる

粗大ゴミとして捨てる場合、事前に自治体への申し込みが必要になります。申し込み後は、粗大ゴミシールを購入して、回収日に回収場所に置くことで処分が完了します。

粗大ゴミでの処分は、他の方法と比べて安価です。しかし、捨てるまでに手間と時間がかかります。

ある程度の苦労をしてでも安く処分したい方におすすめの方法と言えるでしょう。

一般ゴミとして捨てる場合、解体が必要な分粗大ゴミよりも手間がかかります。しかし、解体さえ済めばゴミ袋に入れて捨てるだけなので、費用面ではかなり安いです。

解体に必要な工具が揃っていたり、普段からDIYなどで工具の使用に慣れているのならば、一般ゴミで捨てるのがおすすめです。

②リサイクルショップで売却する

衣装ケースの状態が良かったり、有名なメーカーのものであれば売却できるかもしれません。特に、衣装ケースがほとんど新品、無印良品やニトリなど人気の高いメーカーのものなら売却できる可能性が高くなります。

うまく売却できれば、処分に費用がかかるどころか利益になります。これは他の方法にはないメリットと言えます。

ただし、必ず売れるわけではないという点には注意が必要です。

また、リサイクルショップには自分で持ち込まなければならないため、運搬手段を確保しておく必要もあります。衣装ケースが大きくて自力で運べない、車に乗り切れないといった場合には、避けた方が良いでしょう。

③ジモティーで人に譲る

ジモティーは、不用品を必要な人に譲ることができるアプリです。無料で譲れる上に、相手に家まで取りに来てもらうことができます。

通常のフリマアプリやオークションサイトだと、売れた場合に梱包や発送をしなければいけません。しかし衣装ケースはサイズが大きいため、梱包に手間がかかりますし、発送にかかるお金で利益がほとんど消えてしまう可能性が高いです。

ジモティーなら家に取りに来てもらうので、梱包や発送の必要がありません。手軽に、不要な衣装ケースを必要な人へと渡せます。もちろん、費用はかかりませんので無料で処分したい時にもぴったりです。

ただし、確実に誰かがもらってくれるわけではないことに気をつけましょう。譲渡先が見つからないと、在庫として家に残り続けます。そのため、今すぐに処分したい、確実に処分したい場合には向いていません。

④不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に回収してもらうという方法もあります。

不用品回収なら確実に処分してもらえます。在庫が手元に残り続けるということはありません。

さらに、最短即日で回収に来てもらえます。早朝や深夜でも回収に来てくれるため、衣装ケースをすぐに処分したい時に最適です。

また、自分で搬出や運搬をする必要もありません。業者のスタッフが家の中から持ち運んでくれるので、気軽に任せられます。サイズの大きな衣装ケースであっても、プロの技で床や壁が傷つかないようにして運び出してくれるでしょう。

不用品回収のデメリットは、費用の高さです。

ディクリーズマン

でも、工夫次第で回収費用を安くしたり割安にすることができるゼっ!

費用を安くする方法でまず使えるのが、買取サービスとの併用です。

最近は買取サービスを併設している不用品回収業者も増えています。こういった業者を利用すれば、衣装ケースを買い取ってもらえるかもしれません。

リサイクルショップで売却しようとすると、売却不可の場合に自分で持ち帰るリスクが出てきます。しかし、不用品回収なら買取が不可能であっても回収自体はしてもらえます。買取してもらえるかどうかわからない時も、駄目元で買取依頼をしてみると良いでしょう。

買取ができなくても、相見積もりをすれば費用を抑えられます。

相見積もりとは、複数の業者に見積もりをしてもらうことです。回収費用を比べることで、費用の相場がわかるだけでなく最安値の業者を知ることができます。さらに、業者によっては、他の業者よりも回収費用が高ければ安くしてくれるところもあります。このような業者を活用すれば、本来の費用よりも安い値段で回収してもらえるかもしれません。

スッキリ回収で衣装ケースを処分しよう

服の入ったクローゼット

今回の記事では、衣装ケースの処分方法について解説しました。

衣装ケースは粗大ゴミとして捨てられます。さらに、細かく解体することで燃えないゴミなどの一般ゴミとしても処分できるようになります。

解体方法についても解説しましたので、興味がある方は実践してみると良いでしょう。

粗大ゴミや一般ゴミ以外にも、リサイクルショップやジモティーを活用することで、衣装ケースは処分可能です。

しかし、それよりもおすすめな処分方法として不用品回収業者の利用が挙げられます。不用品回収ならどの方法よりも速く、そして手軽に衣装ケースを処分できます。

スッキリ回収は、即日対応はもちろん夜間や早朝にも回収可能です。平日の昼間は仕事がある方でも安心して依頼できるでしょう。買取サービスも併設しているので、買取を試してみたいという方にも向いています。

さらにスッキリ回収はラインでの見積もりが無料です。そのため、相見積もりをしたい時にも手軽に依頼できます。

気になる方は、まずは問い合わせからしてみてくださいね。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次