ベッドを捨てたいけど運べない時はどうすれば良い?部屋から出せない時の対処法をご紹介

ベッドを捨てたいけど 部屋から運べない!対処方法などまとめて解説

「ベッドを捨てたいけど一人で運べない」

「ベッドを処分する方法を知りたい」

と悩んでいる方もいるかもしれません。

生活に欠かせない家具であるベッドですが、捨てたいときにサイズが大きくて一人で運べない、と困ってしまうことも多いでしょう。

今回は、ベッドを処分したいと考えている方に向けて、一人で運べない時の対処法を3つ解説します。また、一人でもできるベッドの解体方法も紹介します。

ディクリーズマン

ベッドを捨てたい方はぜひ参考にしてくれよなっ!

この記事を監修した人

不用品回収業者「スッキリ回収」の代表。世の中から不法投棄を撲滅するため奮闘中。

保有資格

  • 古物商許可証
  • 遺品鑑定士
  • 遺品整理士
脇﨑壮真
目次

ベッドを捨てたいけど運べない時の対処法

青いベッドのイラスト

ベッドは一人用でもサイズが大きく、一人で運び出すのは難しい場合が多いです。そのため、ベッドを捨てたい、運びたい場合には以下の3つの方法のうちどれかを選択すると良いでしょう。

  1. 家の中で解体してから処分する
  2. 購入店舗に引き取ってもらう
  3. 不用品回収業者に回収してもらう

上記の方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。選ぶときには、各方法の特徴を踏まえた上で自分に合った方法を選ぶようにしてください。

家の中で解体してから処分する

解体の道具があるのなら、家の中でベッドを解体してから処分できるかもしれません。

解体のメリットは、処分費用の安さです。自分で解体した上で運び出すことになるので、後述するどの方法よりも処分費用を抑えられます。

ただし、解体に手間がかかるのがデメリットです。慣れていないと怪我をする恐れがある上に、家の床や壁を傷つけてしまう可能性があります。

解体方法については、記事の後半で説明します。自分でもできそうと感じるなら、一度試してみても良いでしょう。

解体をしたベッドは一般ゴミや粗大ゴミとして捨てられます。

例えば、木でできたフレームや脚は、細かく切断することで燃えるゴミに分別されます。金属でできている場合は、燃えないゴミや資源ゴミに分別されるでしょう。

粗大ゴミとして捨てたいのなら、多くの自治体では事前予約が必要です。電話やネットで予約をして、収集日までに粗大ゴミ回収券を購入しましょう。回収権を目立つところに貼り、収集日当日に指定の場所に出せば処分は完了です。

自治体によって分別や粗大ゴミのルールが異なるので、利用する前には必ず自分のお住まいの自治体のルールを確認するようにしてください。

ここでは、代表的な都市の分別や粗大ゴミのルールを以下に示します。

購入店舗に引き取ってもらう

購入店舗の引き取りサービスが利用できることもあります。

例えば、ニトリには家具の引き取りサービスがあります。このサービスでは、購入した家具と同じ種類・同じ個数に限り、1注文あたり4,400円で買い取ってもらえます。

家にまで引き取りに来てもらえるので、自分一人で運び出せない場合にもおすすめです。

ニトリで新しいベッドを買う予定であれば是非利用したいサービスと言えるでしょう。

ニトリネットのうれしいサービスご紹介

他にも、ネットで家具やインテリア、服などを販売しているベルメゾンにも引き取りサービスがあります。これは、対象商品を注文することで、同じ種類・同じ個数の家具を無料で引き取ってくれるというサービスです。対象商品は、販売価格41,800円以上かつ大型商品送料7,150円の商品に限りますが、無料で回収してもらえるのは大きなメリットです。

ベルメゾン 不要家具の無料引き取りサービス

大塚家具でも、ベッドを購入すると不要なベッドを回収してもらえます。他の家具屋と同様に、購入した商品と同じ種類・個数に限定されており、ベッドであれば1,000〜6,000円の費用がかかります。

大塚家具 不要家具のお引き取りについて

このように、多くの店舗で引き取りサービスを実施しています。メリットとしては、回収費用が比較的安いところ、搬出から運搬までスタッフに任せられるところ、新しいベッドが来たタイミングで引き取ってもらえるので家にベッドがないという状態にならないというところが挙げられるでしょう。

しかし、新しいベッドを購入しないと使用できないのがデメリットです。

スッキリ回収代表

ただ、古いベッドを処分したいだけのときは利用できないので気をつけてください

不用品回収業者に回収してもらう

手軽にベッドを処分したいなら不用品回収業者の利用が最適です。

不用品回収業者なら、依頼さえすれば確実に家にまで引き取りに来てくれます。搬出や運搬は全てスタッフが行なってくれるので、手間もかかりません。スタッフは家具や家電を運び出すことに慣れていますので、家の壁や床が傷つかないように配慮しながら運んでもらえます。

多くの不用品回収業者は、即日回収に対応しています。そのため、急遽ベッドを処分しないといけなくなったときにも安心して任せられます。他のどの方法よりも素早く処分できますので、捨てるまでに時間をかけたくないという方にもおすすめです。

不用品回収のデメリットは、回収料金です。他の処分方法と比べると回収にかかるお金は高い傾向にあります。

しかし、工夫次第で料金を抑えることができます。

例えば、ベッド以外にも処分したい物がある場合はパック料金が利用できます。トラック積み放題などのプランを利用すると、不用品を単品で回収してもらうよりも料金が割安になることが多いです。

さらに、複数業者に見積もりを取ってもらう相見積もりを利用すれば、回収にかかる費用の相場や最安値の業者を見つけることができるでしょう。相見積もりの結果を使って、他の業者に値切り交渉を行えるかもしれません。

不用品回収は回収料金が高い傾向にありますが、パック料金や相見積もりを併用することで、料金を抑えられます。不用品回収業者に依頼するときは、ぜひこれらの方法を活用してみてください。

ベッドの解体方法

ベッドのイラスト

ベッドを解体したいなら、まずは以下の道具を揃えましょう。

  • ドライバー
  • ノコギリ
  • ブルーシート
  • 軍手やゴーグル

ドライバーは、ベッドに使われているネジを外すのに使われます。解体をするときは、まずはねじを全て外すところからはじめましょう。

ねじを全て外して、ある程度バラバラになれば、次はノコギリを使って解体します。ベッドが木でできているなら通常のノコギリで十分ですが、金属でできているなら金属カッターなど専用の工具を用意する必要があります。

一般ゴミで捨てたいなら、一辺の長さが30センチメートル以下になるように切断しておくようにしてください。

ただし自治体によって、一般ゴミの一辺の長さは異なるので、事前に確認しておくようにしましょう。

切断したものを袋にまとめ、すべて切断し終われば解体は完了です。

ブルーシートは床を守るため、軍手やゴーグルは作業する人間を守るために必要です。作業前には必ず、床にブルーシートを敷くようにしてください。

ディクリーズマン

軍手やゴーグルだけでなく、汚れても良い長袖長ズボンも身につけて、怪我を防ぐようにもしてくれよなっ!

手軽に処分したいなら不用品回収業者に依頼しよう

軽トラックのイラスト

今回は、ベッドを捨てたいけど運べない時の対処法を3つ解説しました。

自分で解体する方法は、手間はかかりますが最安で処分が可能です。ただし、解体には怪我のリスクが伴いますので、実際に行う時は安全に気をつけるようにしましょう。解体方法についても紹介しましたので、解体時の参考にしてください。

新しいベッドを購入する予定があるのなら、家具屋の引き取りサービスを利用しても良いでしょう。新しいベッドが届くタイミングで、古いベッドを回収してもらえるので、常に家にベッドがある状態を保てます。

手軽にベッドを捨てたい、新しくベッドを買う予定がないのであれば不用品回収業者を利用すると良いでしょう。

不用品回収業者なら、プロのスタッフが迅速にベッドを運び出してくれます。即日対応も可能なので、今すぐベッドを処分したいときに最適です。

スッキリ回収はベッドの回収にも対応している不用品回収業者です。即日対応はもちろん、早朝や深夜の回収にも対応しているので、平日の昼間は仕事で回収に立ち会えないという方でも安心して利用できます。

さらに、LINEでの見積もりが完全無料なので、相見積もりを行うときにも便利でしょう。

家から運び出せないベッドの処分で悩んでいるのなら、ぜひ一度スッキリ回収に問い合わせてみてくださいね。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次