電池入りおもちゃの捨て方が知りたい!6つの処分方法を徹底解説

電池入りおもちゃは何ゴミ?注意点や6種類の処分方法などまとめて解説

子どもが使わなくなったおもちゃのなかに電池入りおもちゃがあり、どう処分すべきか困っている方も多いのではないでしょうか。電池入りおもちゃはそのまま捨てられないため、適切な処分が必要です。

本記事では、電池入りおもちゃのゴミの分類方法やおもちゃを売却する際のポイント、おすすめの処分方法6選を紹介します。

電池入りおもちゃの捨て方に困っている親御さんは、ぜひ記事を参考にしてみてください。

ディクリーズマン

電池入りおもちゃの捨て方を学ぼうゼっ!

この記事を監修した人

不用品回収業者「スッキリ回収」の代表。世の中から不法投棄を撲滅するため奮闘中。

保有資格

  • 古物商許可証
  • 遺品鑑定士
  • 遺品整理士
脇﨑壮真
目次

電池入りおもちゃのゴミの分類方法

おもちゃの写真

はじめに、電池入りおもちゃを捨てる際の分類方法について紹介します。

今後別の電池入りおもちゃを処分する際も基本となるポイントですので、しっかりと確認しておきましょう。

まずは電池を取り外そう

電池入りおもちゃはそのままゴミに出すことはできないため、まずは電池を取り外して本体と電池に分けます。

電池を入れる場所を探し、ほとんどの場合蓋がついていると思いますので、手で外すか、ネジがついていればドライバーなどを使って外しましょう。

おもちゃによって使われている電池は異なるでしょうが、捨てる方法は同じです。プラスとマイナスの両端にテープを貼り絶縁して不燃ゴミに出すか、もしくは電気屋などの回収ボックスを利用しましょう。

電池をそのまま捨てると、発火したり事故に繋がったりする恐れがあるため、必ず正しい捨て方で捨てるようにしてください。

素材によって分類方法が異なる

電池を取り外した本体部分は、素材によって分類方法が異なります。

プラスチックや木で作られている場合は可燃ゴミとして処分し、金属部分が多い場合は不燃ゴミに分類するのが一般的でしょう。

また、粗大ゴミの対象となる場合(多くの自治体では一辺が30cm以上)は、粗大ゴミとしての処分が必要です。自治体に回収を申し込み、粗大ゴミ回収シールを購入して回収日に搬出しましょう。詳しい手順は後述しますので、併せてご覧ください。

電池が取れない場合は?

もしおもちゃの中に入っている電池が取れない場合、どうしたら良いのでしょうか。

マイナスドライバーなどの工具を使ってどうにか出来そうであれば取り外し、中に電池が埋め込まれてしまっている場合はゴミ処理センターに問い合わせると良いでしょう。

また、どうしても電池が取れない場合、不用品の処理を一括で引き受けてくれる不用品回収業者に回収してもらうことも一つの方法です。

電池入りおもちゃは売れる?買取のポイント

飛行機のおもちゃの写真

電池入りおもちゃがまだ使えるのであれば、捨てるのではなく売るのも処分方法の一つです。

ここでは、買取に出す際に高値で査定されやすくなるためのポイントを紹介します。

できる限り綺麗な状態にする

まずは、できる限り綺麗な状態にしておくことが大切です。

長期間自宅に置いておくと、どうしても汚れやホコリがたまりやすくなってしまいます。汚れが目立つおもちゃは買取価格が下がってしまうため、査定に持っていく前にできるだけ綺麗にしておきましょう。

電池入りのおもちゃは水洗いや洗濯機で洗うと故障してしまう恐れがあるため、水は使わずに衣料用ブラシや歯ブラシ、布で掃除することがおすすめです。

売るタイミングを見極める

次に、おもちゃを売るタイミングを見極めることがポイントです。

電池入りおもちゃに限らず、おもちゃやぬいぐるみは需要の高くなる時期があります。それは、キャラクターの人気が高まった時であり、アニメ化や映画化などのタイミングが挙げられます。

また、それ以外の場合でも過去に人気だったおもちゃが再流行する場合もあるため、ホットなうちに売ることがおすすめです。高く売れる時に売っておくことで、ただ捨てるよりも大きな利益を得られるでしょう。

不用品はまとめて売る

最後に、不用品はまとめて売ることがおすすめです。おもちゃに限らず、リサイクルショップや買取業者に買取を依頼する場合は、複数点をまとめて売った方が買取されやすい特徴があります。

業者によって取り扱っている商品ジャンルが異なるため、おもちゃだけに対応しているのか、家具なども対応しているのかなどを確認してから査定に出すと良いでしょう。

また、タイミングが良いと特定の商品を買い取り強化している場合もあるため、お近くの店舗やネットサービスでリサーチしてから買取に出すとお得に処分できます。

電池入りおもちゃを処分する6つの方法

おもちゃで遊ぶ女の子の写真

ここからは、電池入りおもちゃを処分する方法として次の6種類を紹介します。

  • 方法①可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てる
  • 方法②粗大ゴミとして捨てる
  • 方法③リサイクルショップに持ち込む
  • 方法④知人や団体に寄付する
  • 方法⑤オークションやフリマに出品する
  • 方法⑥不用品回収業者に回収してもらう

一つずつ解説しますので、ご自身に合った処分方法を参考にしてください。

方法①可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てる

電池入りおもちゃは、電池を取り外して可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てることができます。おもちゃ本体がプラスチック製や木製の場合は可燃ゴミ、金属部分が多く含まれている場合は不燃ゴミ扱いとなります。

また、取り外した乾電池は両端を絶縁して不燃ゴミに捨てるか、電気屋やスーパーなどにある回収ボックスに入れるようにしましょう。

電池が入ったまま捨てることはできないため、必ず取り出してから捨てることがポイントです。

方法②粗大ゴミとして捨てる

おもちゃ本体のサイズが粗大ゴミの対象となる場合は、粗大ゴミとして処分しましょう。

粗大ゴミの処分方法は、次の通りです。

  • 自治体に粗大ゴミの回収を申し込む
  • 粗大ゴミ回収シールを購入し記入する
  • 回収日の朝にシールを貼り付けて搬出する

粗大ゴミ回収シールはコンビニなどに売っているため、必要な金額分を購入して必要事項を記入してください。問題がなければ回収日に回収されますので、収集場所からなくなっていれば処分完了です。

方法③リサイクルショップに持ち込む

電池入りおもちゃがまだ使えるのであれば、リサイクルショップに持ち込むことも処分方法の一つです。

リサイクルショップに持ち込む際は、できるだけ高値で買い取ってもらえるように綺麗にしてから査定に出すようにしましょう。汚れが目立つようだと、買取の対象外とされてしまう場合もあります。

また、店舗によって買取価格が異なるため、近隣の店舗やネットの買取業者で相場を調べてから依頼すると安心です。

方法④知人や団体に寄付する

電池入りおもちゃが綺麗な状態なのであれば、近所や親戚の子にあげるか、支援団体へ寄付する方法もあります。

周りに欲しがっている子がいれば捨てずに再利用してもらえますし、寄付した場合は誰かに使ってもらえるため、無駄を減らせるでしょう。

どちらの場合にしても衛生面には気をつけ、汚れやホコリ、ニオイが気にならないかを確認してから譲渡するようにしてください。できる限り綺麗な状態で渡すことで、喜んでもらえるでしょう。

方法⑤オークションやフリマに出品する

電池入りおもちゃを捨てずに売る方法として、オークションやフリマに出品することも一つの手です。

自分が決めた金額で販売できるため、買い手が見つかればリサイクルショップに持ち込むよりも高く売れることも期待できるでしょう。

ただし、慣れていないと難しく感じてしまうこともあるため、不安な場合は別の方法で処分することがおすすめです。

方法⑥不用品回収業者に回収してもらう

電池入りおもちゃが大量にあって処分が面倒な場合は、不用品回収業者に回収してもらうこともおすすめです。

不用品回収業者は、電池入りおもちゃに限らず家庭の不用品をまとめて回収してくれるため、引越しなどで処分したいものが多い場合にも向いているでしょう。

利用する際は複数社で見積もりを取り、納得できる内容の業者へ依頼することがポイントです。

大量のおもちゃ処分は不用品回収のスッキリ回収へ!

今回は、電池入りおもちゃのゴミの分類方法や売る際のポイント、おすすめの処分方法などについて紹介しました。電池入りおもちゃはそのまま捨てられないため、電池を抜いてから各自治体の定める方法で処分するようにしてください。

また、電池入りおもちゃに限らず、処分したい不用品がたくさんある場合は、不用品回収業社のスッキリ回収へお任せください。最短で即日回収に対応しているほか、写真を撮ってLINEで送っていただくと簡単な査定が行えます。

不用品回収のほか、遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷掃除にも対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

LINEで簡単お見積り
スッキリ回収 メンバー

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今の時代、たくさんの不用品回収業者が存在しており、選ぶのも大変だと思います。

中には不当な金額をお客様に請求するような業者もいます。

私たちスッキリ回収はお客様とwin-winの関係が構築できるようになるべく低価格で、丁寧な接客とスピーディな対応ができるように心がけております。

お気軽にまずは、LINEからご相談ください。

\24時間、不用品回収の簡単お見積り!/

LINEでお問い合わせ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次